雌牛のブーコラ

アイスランドの昔話

小さな男の子が、大事な雌牛を連れもどすために長い旅に出ます。前半の三回のくりかえしが楽しく、子どもたちはくすくす笑います。ブーコラの鳴き声がだんだん大きくなってきて、目的地に近づいていることがわかります。やっとブーコラを見つけましたが、このまま無事に帰れるとは聞き手も思っていません。やっぱり、トロルが追いかけてきます。「トロル」は、北欧の妖怪ですが、『三匹のやぎのがらがらどん』(マーシャ・ブラウン作/瀬田貞二訳/福音館書店刊)で知っている子どもたちがたくさんいます。

後半は、呪的逃走のモティーフです。《昔話雑学》て確認してください。
行きて帰りし物語。幼い子どもにピッタリのおはなしです。
音声は1年生。
子どもたちがハラハラしながら聞いているせいで、語るスピードまで上がります。

下のボタンからテキストをダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です