おにぎりころころ

広島県の昔話

おにぎりやだんごが転がって、それを追いかけて地下の世界に行くと、そこに、鬼やねずみやお地蔵さまがいて、宝物をさずけてくれる話、たくさんありますね。
隣のおじいさんがまねをして失敗する隣の爺型の話になっていることが多いようです。
その中でも、地下の世界にお地蔵さまがいるのが、「地蔵浄土」と呼ばれる話型です。

地蔵は、あちらの世界とこちらの世界の境界にいて、人を救ってくれると信じられている仏で、庶民にとって身近な存在です。そのため、昔話にはよく登場する彼岸者です。

ここでは、お地蔵さまがおしりをふって合図しますね。
隣のおじいさんは、それがおかしくて笑ってしまって、失敗します。
この話型では、「笑い」がよく登場します。

結末で、隣のおじいさんが罰せられます。
ここでは、鬼が金棒で突き刺して地獄へ連れて行くのですが、中身をぬいて語っているので、残虐な感じはありません。まるで団子をくしでさすように、からっと語るといいです。

幼児から楽しめます。


下のボタンからテキストをダウンロードできます。

日常語の語りが聞けます。