ヤン のすべての投稿

毘沙門さまの授かり子

びしゃもんさまのさずかりご

宮崎県の昔話

話型名「一寸法師」
ATU700「親指太郎」

指ほどの大きさの男の子が冒険に出る話。どうして世界じゅうに、こんなに有名な話として伝わっているのでしょう。
昔話の主人公は、末っ子だったり、食べる物がないほど貧しくて捨てられたりして、極端な存在であることがよくあるのですが、3センチほどの大きさというのは、極端すぎますね。
日本では、たにしやかたつむりとして生まれる話もあります。
ファンタジーの楽しさが満開といえば、それまでですが(笑)

類話の「五分次郎」こちら⇒も見てくださいね。こちらの解説もあわせて見ていただくと、興味深いと思います。

毘沙門天は、軍神。戦いの神さまです。
その授かり子だから、鬼もやっつけるくらいに強いのです。


下のボタンからテキストをダウンロードできます。

日常語の語りが聞けます。

若がえりの水

わかがえりのみず

島根県の昔話

話型名は「若返りの水」。

日本全国に伝わっています。
ただし、西日本では、泉を見つけて若返るのはおばあさんですが、全国的には、逆に、おじいさんが多いようです。

不死や若返りの思想は、日本文化の中に古くから根付いていた考え方だそうです。
お正月に初めてくむ水を若水といって、神棚にお供えしてから料理やお茶に使う風習もあります。若水は、邪気を払う力があるといわれています。
「若返りの水」の話は、そんな思想や風習につながっているようです。


下のボタンからテキストをダウンロードできます。

日常語の語りを聞けます。

つれにこいつれにこい

鹿児島県の昔話

アルメニアの「くるぞくるぞ」⇒《外国の昔話》と似た話です。自然の中から聞こえて来た声に応えることで宝を得ます。

主人公は、貧しい兄弟の弟のほうです。極端な端っこの存在ですね。
こんな短い昔話でも、世界に共通の昔話の語法に沿っているのです。

話型名は「取付く引付く」

子どもは恐い話が好きです。これは、恐いけれど、最後は黄金を得る話で、勇気があるとよいことがあるという教訓が付いています。
おまけの恐い話にうってつけです。


下のボタンからテキストをダウンロードできます。

日常語の語りを聞けます。

死神

しにがみ

山形県の昔話

ヨーロッパには「死神の名づけ親」の類話が数多く存在します。グリム童話KHM44もそうです。グリムの「死神の名づけ親」とこの日本の昔話「死神」を比較して読んでみるとおもしろいです。

幕末から明治にかけて活躍した名人の落語家三遊亭圓朝の創作落語に「死神」があります。これは、グリム童話を聞いて作ったとか、イタリア歌劇「クリスピーノと死神」をもとにしているとか、異説があるようです。けれども、昔話「死神」は、圓朝落語の「死神」から生まれたことは間違いないでしょう。
こんなふうにして、おもしろい話は、人から人へと伝わって行くのですね。

「みそ買い橋」もヨーロッパ(イギリス)の昔話から生まれたものでしたね。


下のボタンからテキストをダウンロードできます。

日常語の語りを聞けます。

おにぎりころころ

広島県の昔話

おにぎりやだんごが転がって、それを追いかけて地下の世界に行くと、そこに、鬼やねずみやお地蔵さまがいて、宝物をさずけてくれる話、たくさんありますね。
隣のおじいさんがまねをして失敗する隣の爺型の話になっていることが多いようです。
その中でも、地下の世界にお地蔵さまがいるのが、「地蔵浄土」と呼ばれる話型です。

地蔵は、あちらの世界とこちらの世界の境界にいて、人を救ってくれると信じられている仏で、庶民にとって身近な存在です。そのため、昔話にはよく登場する彼岸者です。

ここでは、お地蔵さまがおしりをふって合図しますね。
隣のおじいさんは、それがおかしくて笑ってしまって、失敗します。
この話型では、「笑い」がよく登場します。

結末で、隣のおじいさんが罰せられます。
ここでは、鬼が金棒で突き刺して地獄へ連れて行くのですが、中身をぬいて語っているので、残虐な感じはありません。まるで団子をくしでさすように、からっと語るといいです。

幼児から楽しめます。


下のボタンからテキストをダウンロードできます。

日常語の語りが聞けます。