「ふしぎな話」カテゴリーアーカイブ

炭焼きの権

すみやきのごん

新潟県の昔話

話型名「炭焼長者―初婚型」

主人公の名前は、この話のように権や、藤太、小五郎、吉次などがあります。
昔話としてだけでなく、伝説としても広く伝わっていて、舞や浄瑠璃などの芸能にも取り入れられています。広く人々に愛された話なんですね。
正直者の主人公、運命を素直に受け入れる主人公と娘に惹かれるのでしょうか。
値打ちがないと思っていたものが、思いもかけない富であったというのが魅力なのかもしれません。


下のボタンからテキストをダウンロードできます。

日常語の語りが聞けます。


⇒本格昔話一覧へ

かえる女房

かえるにょうぼう

新潟県の昔話

異類婚姻譚のひとつです。
かえるでも蛇でも鯉でもなんでも、結婚相手になるのがおもしろいですね。

かえる女房は、青森から大分まで広く伝わっている話だそうです。
同じ異類嫁の話でも、「つる女房」などは哀愁をさそいますが、かえる女房は何だかユーモラスです。


下のボタンからテキストをダウンロードできます。

日常語の語りが聞けます。


⇒本格昔話一覧へ

ねずみの聞き耳ずきん

ねずみのききみみずきん

福島県の昔話

運定めの話を探していて見つけました。
お堂に泊まっていると、神さまたちが生まれた子どもの運命を話す、その運命をめぐっての物語です。

「ねずみの聞き耳ずきん」は、運定めの大きな構造の中に聞き耳のエピソードが挟み込まれています。
話型としては「聞き耳」です。
参考 おはなしひろば「聞き耳」⇒こちら

「聞き耳」は、動物(日本では多くが鳥)の言葉が分かる呪物です。
恩返しにもらう宝物という形が多いです。

自分の運命を知った主人公の男の行動がショッキングではありますが、ねずみへの親切心とねずみの恩返しのおかげで、人間味のあるストーリーになっていると思います。
結末がちょっとぞっとしますが(笑)

高学年から中学生、大人向き。


下のボタンからテキストをダウンロードできます。

日常語の語りを聞けます

⇒本格昔話一覧へ

おおかみのまつ毛

おおかみのまつげ

岩手県の昔話

話型名は「炭焼長者」

生まれたときに授かった運で人生が決まっていく話は、たくさん残っているようです。ちょっと残念な気もしますが(笑)
主人公は、運命と戦ったりやりすごしたりしながら前向きに生きているように思います。

この話の主人公である福を持っている女性は、夫のために福を失います。けれども、勇気をもって次の一歩を踏み出すことで、ふたたび福を得ます。
やはり、その人がどう生きるかということなのですね。

生まれたときに、神が運を授ける話は、世界じゅうにあるようです。
おはなしひろばの「七つの年の水のじゅみょう」(日本の話)も、生まれたときに神さまから運をもらっていますね。こちら⇒

おおかみに出会って、人と動物を見分ける呪物であるまつ毛をもらうモティーフがおもしろいと思います。これだけでひとつの話型にもなっています。


下のボタンからテキストをダウンロードできます。

日常語の語りを聞けます。


⇒ 本格昔話一覧へ

幽霊和尚さま

ゆうれいおしょうさま

愛媛県の昔話

お腹に赤ん坊のいる女の人が亡くなり、お墓の中で子どもを産みますが、お乳がないので夜中に飴を買って来て育てるという話。

話型名は「子育て幽霊」

昔話として全国に広がっていますが、各地の伝説としても伝えられています。
そうして生まれた子どもは、地域の人やお寺で育てられて、有名人になったり出世したりします。むしろ、有名な人物は伝説的な出生を持つということでしょうか。
京都では、六道珍皇寺に伝説が残っていて、子育て幽霊飴が売り出されています。

ここで紹介した愛媛県の話は、四国八十八か所霊場巡りの伝統のある地で、お接待の精神が感じられます。見知らぬ巡礼を介抱し、墓に葬ってやる人情の深さが、子どもを残して亡くなる母親の情と相まって、ほろっとさせます。

類話によっては、幽霊が買いに来るのは、飴だけでなく、団子やお菓子、砂糖、餅などがあるそうです。


下のボタンからテキストをダウンロードできます。

日常語の語りを聞けます。

⇒ 本格昔話一覧へ