豆まきの由来

奈良の昔話

節分のための話をご紹介。
このストーリー、初めは 「 猿婿 」 か 「 蛇婿 」 みたいでしょ。とちゅうで 「 鬼の子小綱 」 になって、そのあと 「 難題婿 」 みたいになって、……最後は氏神さんだったってオチ。
短い話なのにモティーフがいくつも組み合わさっていて、おもしろいですね。

下のボタンからテキストをダウンロードできます。

日常語での語りを聞くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です