みいさん

奈良の昔話

生まれた子どもが蛇だったというお話はあちこちにあります。
蛇は神としてまつられることもよくあります。ここの母親は蛇は龍のお使いだといっていますね。だから大切にしなくてはならない。
蛇にいたずらをして大変な目にあった話もあります。
蛇は海に千年、山に千年、川に千年修行すると龍になって昇天するという言い伝えもあります。
龍神は雨をつかさどる水神です。
ヨーロッパの昔話では竜退治の話がたくさんありますが、日本の龍は神さまですから退治されないのでしょうか。
余談ですが、ヨーロッパの竜退治の話は、日本では「猿神退治」という話型で全国にたくさんあります。

下のボタンからテキストをダウンロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です