彼岸花のふとん

福島の昔話

きつねにだまされた話です。山で道に迷うと、狐に化かされたんだといい、馬のふんを食わされたとか、野つぼを風呂だと思って、気持ちよく入ったとかいって、笑い合います。そんな時代がついこの間まであったのですね。
 科学の発達した現代では、本気にする人はいないでしょう。けれども、現代でも、きつねは、神の使いとして信仰されています。お正月には、稲荷大社にお参りする人が、全国から集まって来ます。妖怪としてのきつねは、神さまのなれの果てと考えられています。
福島県のこの話は、娘きつねにだまされて泊まった所が、彼岸花の草原でした。視覚的に美しいですね。
余談ですが、彼岸花には、「まんじゅしゃげ」などの別名があって、地方によって呼び名が変わります。あなたの地方では、何と呼びますか?「きつね」が含まれる呼び名もありますよ。「きつねのちょうちん」「きつねのかんざし」「きつねのはなび」「きつねのたいまつ」「きつねのろうそく」「きつねのたばこ」など。
彼岸花について知りたい人には、絵本『ヒガンバナのひみつ』(かこさとし作/小峰書店)、『ひがんばな』(甲斐信枝作/福音館書店)がおすすめです。読み聞かせにも使えます。

下のボタンからテキストをダウンロードできます。

日常語での語りを聞くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です