かっぱの一文銭

島根県の昔話

呪宝譚のなかでも、もっとも代表的な話。
話型名は「犬と猫と指輪」。
え?指輪?バタ臭いですねえ(笑)。
そうなのです、これは世界じゅうに分布している話で、「マジック・リング」と呼ばれている話です。ATU560。
朝鮮半島に伝わる類話「いぬとねこと玉」を再話してあるので比べてください(こちら⇒

日本の話の場合は、呪宝をさずけてくれる者によって、三つのサブタイプに分かれます。
「蛇サブタイプ」は東北地方中心ですが、かつては日本全体がこの系統だったようです。
「猿サブタイプ」は九州から中国地方で、宝物は猿の三文銭です。
「竜宮サブタイプ」は竜王から宝をもらう話で、九州中心。

今回紹介した島根県の「さるの一文銭」は、猿タイプと竜宮タイプの合体したものです。
犬はあまり出てこず、おじいさんを助ける猫がかっこいいなあと思います。


下のボタンからテキストをダウンロードできます。

日常語の語りが聞けます。

1 thought on “かっぱの一文銭

  1. ピンバック: 呪宝譚 | 昔話雑学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です