「創作」カテゴリーアーカイブ

かにの親子

イソップ寓話

これは昔話ではありません。イソップ寓話と呼ばれるものです。寓話とは、平たく言えば、たとえ話の事です。人の行いを正したりさとしたりするために作られたものです。昔話は、作者がいるわけではありませんが、この話はイソップが作ったものです。イソップは、紀元前6世紀の人だといわれています。だからとっても古い話です。でも、少しも古臭く感じないのは、人間ってあんまり進歩していないからなのでしょうか?

「かにの親子」は日本の昔話にもあるので、昔話通観でさがしたのですが、見つかったのは数話にすぎませんでした。しかも再話する程のしっかりした伝承ではなかったので、もともとのイソップ寓話を再話して紹介することにしました。同じ話がなぜ日本の昔話にあるのか、という疑問があります。きっと、イソップの話がもとになっていると思います。というのも、イソップ寓話は、江戸時代の始めに、『伊曽保物語』として日本語に翻訳されて広まっているからです。

これからの季節、おまけの話にどうぞ。

テキストは『語りの森昔話集4おもちホイコラショ』に掲載しています。こちら⇒書籍案内

語りを聞けます。